空き巣対策をするならアパート・マンションは1階と二階のどちらを選ぶ?

アパートやマンションに暮らす場合、空き巣対策としてどこの階に住むのかというのは重要なポイントの1つとなっています。それでは、アパートやマンションの空き巣対策では1階と2階のどちらに住むのが良いのでしょうか。

 

一般的なイメージだと1階部分に住んでいる方が空き巣被害に遭いやすいというイメージがあります。しかし、案外人通りに面しているアパートやマンションの場合だと1階部分には空き巣に狙われないことの方が多いようです。

 

しかし、特に人通りがないようなアパート・マンションの場合だと1階部分でも空き巣に侵入されるリスクはあります。むしろ、塀や植木などで囲まれていることも多いため死角も多く、かえってそれが空き巣からすると有利な条件になってしまう場合もあります。ですので、アパートやマンションの1階に住む場合は人通りが多い通りに面しているのか、死角がないかをチェックしてみましょう。

 

次に、アパート・マンションで2階に住む場合の空き巣対策効果ですが、実はアパートの場合だと2階が最も空き巣に入られやすいと言われています。

 

人目につくことがあまりなく、場合によっては壁をよじ登ってベランダから侵入することもできるからです。特に2階に住んでいる方は「まさかベランダまで来るわけない」と思って鍵をかけていないケースも多いため、あっさり空き巣に入られて被害を受けてしまったということも。

 

では、マンションやアパートで最上階に住んでいた安心なのかと言えばそれもまた違います。最上階に住んでいる場合だと屋上からロープを垂らして簡単に侵入することができてしまうからです。やはり最上階に住んでいるからという理由だけでベランダの鍵をかけていない方が多いので注意が必要です。

 

いずれの階に住んでいる場合でも空き巣対策をしっかりととっておくこと、ベランダの鍵はもちろん、玄関の鍵もこまめに掛けるようにすることを意識しましょう。

空き巣に負けないランキング


セコム・ホームセキュリティ
業界NO.1!!安心のトータルケア

駆けつけるスピードが違う!

24時間365日安心の見守り体制

火災・ガス漏れなどもしっかり監視

公式サイトへ

ホーム・アルソック
一般回線がなくても加入可能!

導入しやすいリーズナブルな料金設定

状況に合わせて警備モードを切り替えられる!

外出時のサポートも万全で安心

公式サイトへ