合鍵は空き巣に入られるリスクを広げる?合鍵は慎重に取り扱おう

空き巣が侵入するのは窓を破り、玄関をピッキングするというイメージがあります。しかし、空き巣からするとできればこれらの作業の時間をかけずにさっくりと侵入できた方がリスクが小さいのは言うまでもありません。

 

そこで、空き巣が第一にすることは「合鍵が隠されていないか」という点。例えば、植木鉢の下やポストの中、ドアの桟の隠れた部分などに合鍵を隠している人もいますよね。特に年配の方に多い傾向があるそうです。「万が一外出中に鍵をなくしてしまった時でもこうしていれば困らないでしょう?」という意見が多いのですが、空き巣からすれば絶好の的。

 

空き巣は衝動的に家を選んで侵入するというイメージを持っている方も多いかもしれませんが、ほとんどの空き巣は計画的な侵入を行っているんです。

 

そのため、何時から何時の間は留守にすることが多い、といったことをリサーチするために一日中張り込んでいることも珍しくありません。もしもあなたが合鍵をポストの中や植木鉢の下などに隠しところを空き巣に見られていたら……と思うと恐ろしいですね。

 

これを防ぐためには合鍵を隠すことをやめるのが一番です。常に合鍵は持ち歩くようにする、外出中に鍵を無くさないようにする。当たり前のことのようですが、これを心がけるだけでも随分と違ってくるものです。

 

また、注意しておきたいのがマンションやアパートで前の住人が勝手に合鍵を作っていて、それを使って侵入するというケースです。ほとんどのマンションでは引越しの際に鍵の交換を行っていますが、古いマンションやアパートの場合だとこれらが行われない場合もありますので必ず確認を取るようにしましょう。

空き巣に負けないランキング


セコム・ホームセキュリティ
業界NO.1!!安心のトータルケア

駆けつけるスピードが違う!

24時間365日安心の見守り体制

火災・ガス漏れなどもしっかり監視

公式サイトへ

ホーム・アルソック
一般回線がなくても加入可能!

導入しやすいリーズナブルな料金設定

状況に合わせて警備モードを切り替えられる!

外出時のサポートも万全で安心

公式サイトへ